草刈り

2016/05/06(Fri)22:15

 

春の草がぐんぐん伸びてくるこの時期、

週末になると農村部では刈払い機のエンジン音があちこちから聞こえてきます。

 

農家は野菜だけ作っているわけではありません。

実は年に何回か草刈りをする義務が課されていたりします。

正確に言うと義務ではないのかもしれませんが、

集落ごとに畑の草の状況を監視しあうような体制ができています。

 

農家ではないけれど農地を所有している人もしかりです。

農地の草管理は農家の重要な仕事の一つでもあります。

 

僕が農地をお借りしている地域では

毎年5月の第三週の日曜日に、

みんなで集落の草刈りをして回って、

夜は宴会をするという習慣があるそうです。

私はまだ正式に農地をお借りしているわけではありませんので、

この行事に参加することはありませんが、

お借りしている畑の草刈りは私がやるという条件で、

今の農地をお借りしています。

 

というわけでここ最近は畑の草刈りに追われる日々。

友人と一緒にやっている田んぼと

f:id:fwnt8429:20160922103100j:plain

 

f:id:fwnt8429:20160922103125j:plain



現在お借りしている畑と、

f:id:fwnt8429:20160922103200j:plain


今後少しだけお借りできそうな畑をやっているので、

なかなか終わらないんですけど、

来週中には終わらせる予定です。

 

写真を見るとわかると思いますが、

畑によっては結構な斜面(法面)があったりします。

「畑の面積は大したことなくても草刈りが大変」

なんてこともよくある話です。


でも実はこの草刈り、

しっかりと畑の草を刈って管理をしていることで、

農地をお借りできる可能性が高まります。

要するに新規就農しようと思っている人間にとって、

草刈はチャンスでもあります。

 

沖縄ではなぜか仕事で草刈りをすることが多かったため、

ある意味自分に一番備わっている農業技術?でもあります。

今お借りしている地域で就農する可能性もかんがえて、

畑の草刈りはしっかりとこなしていきたいところです。