ズッキーニ

2016/05/19(Thu)06:50


ズッキーニが勢いづいてきました。

 

f:id:fwnt8429:20160922103505j:plain

ズッキーニやカボチャは基本的に自分で受粉できません。
だから朝花が開いているうちに人工的に受粉します。
人工的というと農業的には響きが良くないかもしれませんが、
要するに雄花を摘み取って、
その花粉を雌花のめしべにつけるという作業を行います。
(もちろん蜂などが受粉してくれることもあります)

 

f:id:fwnt8429:20160922103535j:plain

f:id:fwnt8429:20160922103555j:plain

昨日は朝、農園に行くと、
受粉できるものが5、6個ありました。
同じ株から3つぐらいついているのもあり、
だいぶ勢いが出てきましたね。

実はズッキーニはもう一か所、
去年から知り合いと一緒にやっている畑にも植えてあります。
この畑は基本的に肥料を使わず堆肥のみで栽培しています。
今年借りたところは土壌分析をして、
堆肥プラス足りない肥料やその他もろもろを使っています。
※使っている堆肥は同じものです


2か所の畑で得同じものを育ててみると、
やはり生育の違いを感じますね。

施肥した畑は雌花の付き具合が違います。
わりと初期の段階から雌花の付きがよく、
いっぺんに3,4個付くところもあります。

堆肥のみの畑は雌花の付きが悪く、
株自体も大きくなりにくいようです。
同時に植えたけれども、
収穫の量やスピードにはかなり差が出ています。

一方、堆肥のみの畑のいいところもあります。
それはうどんこ病がほぼ出ていないところです。
リンク先の記事を読んでみると、
やはり肥料を入れていない分、
病気にはなりにくいのと、
施肥した畑のズッキーニには、
もしかしたら水をあげすぎているかもしれません。
ちょっと水やりを控えてみます。


まあいろいろと思うところはありますが、
とりあえず順調に育ってくれてはいます。
おかげさまでここ最近、
食卓をズッキーニが席巻しつつあります(笑)

昨日はズッキーニのグラタンを作ってみましたが、
試しに3種類のズッキーニを使ってみました。
グラタンではあまり違いが分かりにくかったので、
オリーブオイルでソテーして塩だけで食べ比べてみると、
やはり品種ごとに味や香りが違いますね。
お客様にも食べ比べてほしいと思ったので、
来年は3品種くらいは作りたいと思ってます。


しかしこうやってブログを書くことで、
新たな発見や、やってみたらよさそうなことが
いろいろと見えてくるものですね。


おかげさまで
まだ今年中にできること(施肥、灌水量の加減、支柱立て)
来年やってみたいこと(品種を増やすこと)
が見えてきました。


ズッキーニは7月ぐらいまでの予定です。
収穫できる果菜類(トマト、ナスなど)が増えて来たら
お試しで購入できるようにしたいと思いますので、
その際はまたインフォメーションさせていただきます。