読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土づくり①

2016/09/06(Tue)06:42


去年から自分なりに野菜を作り始めて思うのは、

栽培管理などの技術も大事なものだけど、

一番大事なのは「土づくり」だなーということです。


ところで「土づくり」ってどんなことなんでしょう?

堆肥を入れたり、肥料を入れたりして耕すこと?

 

間違いではないと思いますが、

もう少し具体的に説明すると

①団粒構造をつくること(物理性)

②土壌に有用微生物を増やすこと(生物性)

(野菜作りにとってあまりよろしくない微生物を駆逐することではありません)

③土壌分析をして足りない要素を補うこと(化学性)

 

要するに土づくりとは

「土壌の物理性、生物性、化学性を整えること」

ではないかと考えています。

 

特に物理性と生物性はとても密接にかかわりあっていて、

団粒構造は生物性なくしては作ることができません。

畑には微生物が必要であり、

微生物にいかに働いてもらうかが大事です。

要するに(有用)微生物にとって快適な環境を用意すること。

が「土づくり」の近道なのではないかと考えています。

 

次回ブログは「土づくり」をもう少し掘り下げて、

「具体的にどういう狙いでどんなことをしているのか」

について。