種まきのタイミング

2016/09/13(Tue)15:38


天気予報を見ると曇りや雨のマークが続いています。

どうやら秋雨前線の影響でしばらく不安定な天気が続く模様。

ニンジンで散々種まきに失敗したわたくしは、

「種まきは雨の前にやる」

ということを身をもって学んだので、

昨日はここぞとばかりに種をまきまくってきました。

f:id:fwnt8429:20160922113533j:plain

 

 大根、水菜、蕪、ビーツ、小松菜、ほうれん草、

そしてニンニク。

f:id:fwnt8429:20160922113614j:plain

 

途中猫に邪魔されながらも

f:id:fwnt8429:20160922113713j:plain

 

雨が降る前に(結局夜まで降らなかったけど)終えました。

そして昨晩はばっちり雨が降ったもよう。

あほみたいに暑い日もだいぶ少なくなってきたので、

とりあえずは無事に発芽するんじゃないかなと思います。

これで種まきが終わりなわけではなくて、

9月末から10月頭に一回。

今年はトンネル栽培によるダイコンの春どりを

実験してみようと思っているので、

11月にもう一度種をまく予定です。

 

ベランダで育てられるものと違い、

ニンジン、大根、蕪など畑にじかに撒かなければいけないものは、

毎日水やりに行けない状況ゆえに、

雨のあるなしが発芽に大きな影響を与えます。

仮に毎日水やりに行けたとしても、

それにかかる時間も結構なものなので、

自然の力を借りるというのは、

仕事の効率化を図る上でも、

大きな要素なのかもしれません。