天候不順による虫害

どんよりとした日が続いてますね。

しかも湿度も高い日があったりと、

過ごしずらい気候が続くとしんどいって状況は、

実は人間も野菜も一緒だったりします。

 

野菜は植物ですから天気が悪いと光合成できず、

自分の体をがっしりと作るための炭水化物を作ることができません。

そのくせひょろひょろと背丈ばかり伸びる徒長という状態になり、

ひょろひょろ伸びた分表皮が硬くならず虫に食われやすくなります。

 

f:id:fwnt8429:20160930133531j:plain

 

まさしく今畑はそのような状態で、

弱いものから虫に食われている状態。

農薬を使わない場合これらのリスクを背負うことになりますが、

上手に作る人はこういう状況でもうまく作るので、

言い訳にはなりません。

 

というわけで結構な量の葉物野菜や、

キャベツ、白菜などを廃棄しました。

おかげさまで野菜の出荷予定が大幅に狂ってしまいました。

今の規模だからどうってことない話ですが、

規模が大きくなるにつれ難易度も上がってきます。

とりあえず思いつく対処法が一つあるので、

明日はそれを試してみるつもりです。