葉物定植

f:id:fwnt8429:20161030200527j:plain

今日は葉物野菜の定植。

通常は種で播いてしまうものなんですが、

発芽するそばから虫にやられることが多いので、

少しだけセルトレイで育ててから定植してみました。

生育も遅れているので黒マルチで少しでも生育を促す狙いです。

もう少し寒くなって虫が消えてきたらトンネルにビニール張って、

さらに生育スピードを上げ、

何とか月末のイベントには間に合わせたいところですね。

 

f:id:fwnt8429:20161030200604j:plain

だいぶ涼しくなってきたから虫が減るかと思いきや、

意外とまだいるところにいるみたい。

こいつらが食われないことを願います。

 

さて、昼ご飯のおかずを買いに行くついでに、

農協までもみ殻をとりに行ってきました。

この時期は米の収穫期だから一日中籾摺りしてます。

だから山のようにもみ殻が積んであるので、

そこからもらってきます。

f:id:fwnt8429:20161030200907j:plain

 

今回もみ殻は何に使うかというと、

もみ殻を使って堆肥作りをしてみようと思っています。

と言ってもそんな難しいものではなく、

もみ殻と米ぬかと野菜の残渣と水を混ぜるだけ。

定期的に水を加え切り返せばできるみたい(かきまぜるような意味合い)。

自分で資材を作ったことがないので今回初チャレンジしてみようかと思います。

規模が大きくなったら自家製の堆肥なんて作っていられないとは思うけど、

どうすれば作れるのかぐらいは経験しときたいですからね。

 

 

帰りにほうれん草を試し採り。

根っこがすごいです。(ぶれてるけどなんとなくわかりますよね)

f:id:fwnt8429:20161030201425j:plain

 

緑肥と太陽熱養生が効いたようです。

 

最近気づいたんですが、

どうやら肥料やたい肥を入れているところよりも、

緑肥と生の米ぬかを入れたところのほうが生育がいいみたい。

来年はこの二つを柱にして施肥設計しようかしら。

うまくいけば手間もコストも大幅削減できるんだけどなー。