読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年振り返り

じっくり振り返ろうと思っていても、

師走というだけあってのんびりさせてもらえませんね。

大まかな掃除を終えて、

散髪をし、

しめ縄を作って、

ビールを空けて、

ようやくパソコンの前にたどり着きました。

 

恒例のガキ使見ながら、

ざっと2016年を振り返ってみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず1月に農地を借りることができたこと。

これが本当に大きかった。

前年に有機農家さんの集まる忘年会に参加した時、

ダメもとで農地を貸してもらえるかどうか聞いてみたこと、

これが大きなターニングポイントになった。

何でも言ってみるものです。


2月・3月

ひたすら開墾。

畑の周りに深く溝を切って、硬くなった土をほぐすように耕す。

ほぼほぼ鍬で耕したので結構大変だった。

同時進行で育苗。

寒さでなかなか発芽せず、

何回も撒きなおし。

育苗用のハウスは就農したら真っ先に作ろう。

 

4月

苗の定植、種蒔き。

4月中はおおむね順調。

 

5月

下旬には初出荷。

葉物野菜は春はすぐにトウダチしてしまうということ。

出荷できる期間が短いことがわかり、

来年はこまめに少量ずつ播いて対策する。

そうそう、稲の育苗がうまくいかずに田植えを延期したっけ。

 

6月

果菜類の管理が主だった。

芽かき、葉かき、灌水チューブも入れて水の管理、

追肥したり、誘引したり、

初めてちゃんとロープを張って誘引。

教わった経験がないから本を見ながら見様見真似で必死だった。

遅れた田植えも何とか去年と同じくらいの時期にできたっけ。

田んぼに関しては来年以降は大人数でやるので、

あまり考えないことにしようと思う。

 

7月

果菜類が収穫でき始める。

はじめて自分の作ったトマトを食べておいしいと思った。

ナスが嫌いな友達の子供たちがナスを食べたりと、

去年に比べて格段と果菜類の味がよくなった。

やっぱり施肥設計して作ったらうまいものができる。

そういう実感を強く持てた7月。

出荷量も増やして、

Facebookで募集をかけて売るようにした。

思いのほか反応がよく、意外と売れた。

これ以後買ってくれる人はほぼほぼリピーターだったこと。

これもかなり自信になった。

天気があまりよくなかったためナスに虫が大発生。

テントウムシだましにかなり葉も実もかじられた。

天候と虫は関係あるよなー。

最終的には持ち直したけど、

この時期の食害のせいで株が生育しきらなかった。

来年は早めの対応を考えたい。

 

8月

干ばつ。まったく雨降らず。

ニンジンの種を一体何回蒔いただろう。

灌水チューブを入れといてよかったと心から思った。

ニンジンに関しては種取したコート種子でない生種のほうが発芽がよかった。

干ばつ時は生種のほうが発芽はしやすいのかもしれない。

その代わり播種に時間がかかる。

来年は併用してみようかな。

とりあえず播種機を買おう。

 

太陽熱養生処理で米ぬかを混ぜて異臭発生。

仕方ないのでビニールをはがしてまめに耕耘すると、

灰色っぽかった土の色も徐々に黒っぽくなってきた。

発芽実験をしても問題なく発芽したので、

とりあえず腐敗に傾かなかったみたい。

結果個々の畝の生育は良かった。

その理由が知りたい。

来年はもう少し米ぬかをうまく使った栽培を考えてみたい。

 

悪夢の9月。

ひと月で半分くらい雨が降っていた。

おかげさまで虫が大量発生。

順調に育っていたアブラナ科の野菜はほぼ全滅。

何度も種を蒔きなおすが、

双葉から虫に食われ撒きなおすということを繰り返す。

上手くいっていなかったのは自分だけでなく、

全国的に虫の害に悩まされていたことを知り、

少し安心したっけ。

天候と虫は来年以降の大きなテーマ。

 

10月

9月の余波で出荷が一か月止まる。

継続して野菜を出し続けることの難しさを実感。

対策としては

①作付けの種類を増やす。

②防虫ネットをきっちり被覆する

③根菜類をしっかりと収穫・保存して、

この時期でも出荷できるようにする。

 

11月・12月

もみ殻堆肥を作ってみた。

畑に撒く量を作るのは大変だけど、

育苗用に作るのはありかも。

生育が遅れているため有孔ポリトンネルを使う。

生育スピード上がる。

出荷再開するも夏の時みたいに野菜に余裕がなく、

Facebookで出荷できるほどの量がない。

秋冬野菜は面積が必要なことを実感。

収品率を上げることも大切。

しゅとカフェでイベントを開催。

野菜の直売は好評でほぼ完売。

芋煮も売り切れ。

農園名を「てぃだぬファーム」に変更。

ロゴデザインと名刺のデザインを友達に依頼。

とてもいいものが出来上がった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ざっと時系列で振り返ってみました。

細かい反省はいろいろありますが、

とりあえず「野菜を販売する」という目標は、

達成できたかなと思います。

数字としては全部で71回の出荷。

売り上げは154600円。

送料を差し引いた粗利は102347

来年はできたら売り上げを倍にしたいところですね。

何とか農業分の経費は売り上げで賄えるようにしたい。

それでも車のガソリン代や維持費分はまだマイナスなので、

黒字になるわけではありません。

食えるようになるにはまだまだ足りないものばかり。

それでも着実にできることが増えてきています。

進んでいる実感があること。

それが自分のモチベーションにつながります。

自分にとってはとても大切なことです。

 

最後に今年を漢字一字であらわすとすると、

どんな漢字になるか考えてみました。

いろいろ候補は上がりましたが、

一番今の自分を体現している漢字。


それは「蓄」です。

 

そう、今年はひたすら蓄えています。

知識、技術、経験もそうですが、

一番はモチベーションや情熱。

気持ちにかかわるものですね。

すべての時間を「農業」にささげることができるタイミングで、

この蓄えたものを吐き出したいと思っています。

それまではコツコツ蓄えていきますよ。

 

さて、来年はどうしようか漠然とは決まっています。

年が明けてから早いうちに来年の計画を立てて、

友達とシェアしてブラッシュアップしてから、

ブログなどでお伝えして行けたらと思っております。

 

この時期になると毎年毎年同じことを考えていますが、

今年も一年無事にやり切ることができたのは、

仲間やたくさんの人々の好意のおかげです。

来年も引き続きいろいろな人に世話になると思います。

みなさんにお世話になった分は、

良い野菜を皆さんにお届けすることで、

世の中に貢献していきたいですね。

 

今年一年ありがとうございました。